ドメインと被リンクの関係性をきちんと理解していますでしょうか?出来立てのドメインには被リンクが無いこともありますが、中古ドメインや昔から運用されているものには被リンクが付いている事が多いです。ドメインと被リンクの関係について書いていきます。

ドメインについて調べるツールとSEO的マイナス

中古ドメインを取得する際には事前の調査が欠かせません。取得を予定している中古ドメイン自体の過去の運用状況などが、重要な調査項目ですが、メインとなる調査項目は被リンクになります。
被リンクを調べるツールとしては、Ahrefsなどがあり、これらを使ってSEO的なマイナス要因がないかをチェックしていきます。
Ahrefsなどのツールを使うことで、被リンクの総数が把握できます。ですが被リンクは多ければ良いというわけではなく、あくまでも状態の良い被リンクであることが重要です。たとえば、多数の被リンクがあったとしても、現在それらが減少傾向にあるのか、増加傾向にあるのかは把握する必要があります。際立った減少傾向にあるのなら、その中古ドメインは注意が必要と言えるでしょう。購入直後にはリンクがかなり減ってしまっていることも予想されるからです。また、被リンクの状態を測るのに、アンカーテキストの調査をするのも有効です。それらアンカーテキストの含まれる語句が、これから運営する予定の中古ドメインの内容からして不適切な場合は、やはり注意が必要になると言えます。アンカーテキストの語句と、被リンクを受けるサイトの内容が違いすぎるのでは、運営に支障が出る恐れがあるからです。アンカーテキストの語句とコンテンツがあまり極端にかけ離れていると、SEO的にプラスとは言えません。
また、同一のアンカーテキストが極端に多かったり、キーワードを不自然に盛り込んでいたりする場合にも、注意が必要となるでしょう。これらのアンカーテキストが自動生成によるものだった可能性もあるからです。あまりにも不自然な被リンクは、Googleのアルゴリズムで不利な評価を受けることもあり得ると考えられます。
このように、被リンクを調べるツールを活用して、中古ドメインに対するSEO的なマイナスを調査することが出来ます。