ドメインと被リンクの関係性をきちんと理解していますでしょうか?出来立てのドメインには被リンクが無いこともありますが、中古ドメインや昔から運用されているものには被リンクが付いている事が多いです。ドメインと被リンクの関係について書いていきます。

パブリックドメインのwikipediaと違法の関係

ネット上の多くのサイトでwikipediaの文章と同じ説明がなされているケースを見かけます。これは違法ではないのでしょうか。wikipediaの素材は、しばしば「著作権フリー」であるといわれています。しかし、wikipediaによると、「著作権フリー」ということが、パブリックドメイン、いわゆる著作権が放棄されている状態を意味する、あるいは著作物の二次利用に際し一切の条件が付されない状態にあることを意味するならば、wikipedia上の素材は「著作権フリー」ではないということになるということです。wikipedia上の素材の2次利用には法律上のルールが存在し、ルールを無視して利用すれば、それは違法となります。
wikipedia日本語版の記事には、ページの下部に「テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能」と書かれています。これは無料で自由に使ってもいい、という意味ではありません。著作者へ著作権が帰属する旨表示すること、ライセンスの利用許諾条項の全文写しの添付、またはリンクの提供、改変した場合は改変内容の明示、その作品を利用して自分が制作した二次著作物も、同等のライセンスの下に提供すること、ということを求めているのが、「クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能」という意味になります。どうすればいいかというと、利用元へのハイパーリンクやURLを表示し、二次利用であることを明確に示したうえで利用する、ということです。例えば「「この文章は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0の下で公表されたウィキペディア日本語版の項目『○○○』内の文章を利用して記述しています。 この文章は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0の下、二次利用できます。」という内容を明記するのです。