ドメインと被リンクの関係性をきちんと理解していますでしょうか?出来立てのドメインには被リンクが無いこともありますが、中古ドメインや昔から運用されているものには被リンクが付いている事が多いです。ドメインと被リンクの関係について書いていきます。

属性を明確化できるエーベルの3次元ドメイン

ドメインはインターネットの世界だけではなく、ビジネスの世界でも使われる言葉です。
ビジネスの世界でのドメインは事業領域といった意味で使われ、企業が事業を展開する領域を明確化する概念です。
簡単に説明すると、企業が自らの戦場を決めるといった意味になります。
しかし、現在の企業は多角化されていて、一つの領域で事業をすることはありません。
そこで事業領域を決めるときに、下位概念の事業ドメインを定義した上で、それらをまとめる上位概念の企業ドメインも定義します。
下位概念の事業ドメインを定義するときに、使われるのエーベルの3次元です。
エーベルの3次元を活用して、事業ドメインを3つに分けて定義し、それぞれの属性に合わせてビジネスも展開していくのです。
個別に定義すると分かりにくくなり、顧客などの属性に合わせることもできません。
しかし、エーベルの3次元を活用することによって下位概念の定義付けは分かりやすくなり、属性も明確化されるでしょう。
エーベルの3次元を使いながら属性をハッキリさせるやり方は、インターネットの世界でも活用できます。
サイトを制作し開設するときは、訪問者の属性を考えながらデザインしなければいけません。
また、制作するサイトが企業の公式サイトなら、その企業のイメージにも合わせる必要があります。
個人がブログなどを開設して情報を発信していく場合も、属性を考えることは大切です。
訪問者の属性を考えつつデザインし、内容も合わせることによって訪問者も増加するでしょう。
もちろん独自ドメインなどのSEO対策も、訪問者を増やすためには重要です。
ビジネスと同じで行き当たりばったりでは成功しないので、しっかりと足元を固めましょう。