ドメインと被リンクの関係性をきちんと理解していますでしょうか?出来立てのドメインには被リンクが無いこともありますが、中古ドメインや昔から運用されているものには被リンクが付いている事が多いです。ドメインと被リンクの関係について書いていきます。

意味ないドメインでも高値で取引される理由

「ドメイン」とは、簡単に言えば「インターネット上で個人(コンテンツ)を認識する住所の様なもの」です。現在、インターネット上には膨大な数のコンテンツが存在していて、それぞれが「個別の識別番号(URLやドメイン)」を持っています。それによって膨大な数の中から特定の情報を見つけ出すことが出来る様になっていて、この番号自体がサイトやコンテンツを表すものとなっています。

ドメイン自体が価値を持っているものであり、その効力次第でコンテンツへの集客力(PV獲得数)にも大きな影響を及ぼすものであるため、現在は「中古ドメイン」という方法で最初から高い集客力を得ようとする試みも良く見られるようになりました。

中古の場合、新規で取得する場合のネックになる「エイジングフィルター」に掛からないと言ったメリットもありますが、何よりも「すでに一定の認知がある」という点が大きな魅力です。新規の場合、まずはインターネットの利用者に対して「この住所で面白いものをやっています」というアピールをする必要があります。その結果、住所を知ってもらうことが出来れば集客につながり、そこでコンテンツが評価されればより多くの人が訪れるようになるという形です。

しかし、「最初に住所(ドメイン)を認知してもらう」と言うことが非常に問題で、その為に様々な対策(SEO対策)を行う必要があります。それが中古ドメインの場合、すでに認知が進んでいる可能性が高いことから「意味ない内容でも高値で取引されやすい」という特徴があります。本来であればコンテンツにマッチしたドメインを設定することが必要になるのですが、認知度の高さだけを重視して全く意味ないドメインを設定してもいいほどです。