ドメインと被リンクの関係性をきちんと理解していますでしょうか?出来立てのドメインには被リンクが無いこともありますが、中古ドメインや昔から運用されているものには被リンクが付いている事が多いです。ドメインと被リンクの関係について書いていきます。

被リンクの質がドメインの質も左右するのか

被リンクの質が高ければ、それに比例してドメインの質も高いということは、一般的な法則として成り立ちます。逆に、被リンクの質が悪いと、SEO的にもマイナスになるケースが考えられます。Googleなどのサーチエンジンが目的としているのは、ユーザーに質の高い検索サービスを提供することにあるため、被リンクを評価対象にするといっても、その質によって判断が下されます。質の悪い被リンクを受けているドメインは、サーチエンジンの提供するクオリティを満たすものではないので、評価されないか、あるいは評価が下がるということです。
質の悪い被リンクの具体例としては、同一のドメインやIPアドレスからの大量の被リンクが挙げられます。このような被リンクはプログラムによって機械的に作成されるケースもあるので、サーチエンジン側としても対策を講じています。これらの大量の被リンクがサーチエンジンによって機械的なものだと判断されると、被リンクとしてプラスに作用することはありません。
また、被リンクしているサイトがコンテンツの盗用を行っているような場合にも、その被リンクは質が低いと評価されるでしょう。あるいは、キーワードを大量に含んだアンカーテキストによる被リンクも、機械的に作成されたと評価されます。
つまり、質の高い被リンクとは、自然なリンクが、人間の手で、自然に貼られているということに尽きます。
質の高い被リンクを受けるためには、ユーザーが自サイトにリンクを作成したくなるような質の高いコンテンツを提供することが重要になります。このように作成された被リンクは、サーチエンジンからも質の高いものと判断されます。そして、このようにして構築されたドメインは、やはり質の高いドメインと言うことができます。